全長調整式とは

車高調整式ショックアブソーバーというタイヤの振動を軽減する目的の部品でその長さを変えることで車高を調背出来るものがあります。
その中の種類の一つで「全長調整式」といわれるものがあります。従来の車高調ショックアブソーバーは、スプリング下のスプリングロアシートとロックシートを上下に動かしてスプリングを伸縮させることで長さを調整するものでした。シートを上げてスプリングを縮めることで、車高が上がりシートを下げることでスプリングを緩めれば車高は下がります。


このような車高の調整方式では、スプリングを緩めて車高を下げた場合、ショックアブソーバーが、縮んだ状態でロックされるため、その分通常よりアブソーバーの可動範囲が狭まってしまいます。この状態での走行は段差などで衝撃が加わった場合アブソーバーへの負担が大きく、破損やへタリの原因になってしまい、アブソーバーの寿命が短くなってしまいます。
フルタップともいわれるこの車高調は、車高調整式ショックアブソーバー本体の長さを調整することで車高の調整を行います。長く調整すれば車高が上がり短くすれば、車高が下がります。
スプリングそのものの状態には影響することがないためショックアブソーバーへの負担は軽減されることになります。

Comments are closed.