車高調の種類と特徴

車高調には、「ネジ式」「Cリング式」「全長調整式」の3つの種類があります。「ネジ式」では、アブソーバーのスプリングの下にあるロアシートの部分をレンチで上下に移動させて車高を調整します。
メリットは車高を変えるときサスペンション本体を取り付けたまま車高レンチを使って調整ができることで作業が簡単にできるようになっています。また、いちいちブランケットを外す必要もないことです。
デメリットは車高を変化させることで、スプリングに予めかけてある荷重プリロードも一緒に変化してしまうので注意が必要です。


「Cリング式」は、ネジ式と違ってショックアブソーバー本体に溝が入れられていて、そこに文字通りC型のリングをはめ込んでありロアシートの位置を決めるようになっています。
そのために調整は無段階ではなく溝の数に制限を受けます。調整もショックアブソーバー本体を分解してスプリングを外す必要がありますので個人で調整するのは難しい作業になります。
メリットとしては価格が安いことがあげられます。低価格で手軽に入手できることが特徴です。デメリットは、調整に手間がかかり簡単でないことと調整が無段階でないことです。
「全長正式」は、調整方式がショックアブソーバー本体の長さを調整するものでスプリングの状態は変化させずに行えます。メリットは、スプリングの荷重(プリロード)は、変化させずに車高を変えられることです。デメリットは調整に手間がかかることです。

Comments are closed.