サスペンションの種類と特徴

タイヤとボディの中間に取り付けられた装置で、路面から受ける衝撃を受け止め緩和する役目を果たしているものをサスペンションといいます。
走行性能やそれにかかわる車の高さまた、走行中の居住性、操縦性に大きくかかわる車にとっては大事な装置です。基本的な構成部品は、アーム、スプリング、ショックアブソーバーの3つの部品によって成り立っています。


種類は大きくストラット、マルチリンク、ダブルウィッシュボーンの3タイプと、リーフスプリングがあります。ストラット式は、ロアアーム、スプリング、ショックアブソーバーからなり、考案者であるフォードのエンジニアの名前をとってマクファーソン・ストラット式とも呼ばれ現在の自動車では最も多く使われています。
マルチリンク式は、アームを複数使用したものです。きめ細やかなセッティングが可能で、タイヤを地面に接地させる能力を高めグリップ力を増すことが出来ることから高速域の不安定さが目立つFF車やFR車のようなハイパワーな車の後輪に使われることが多い方式です。
ダブルウィッシュボーンは、V字型のアームが特徴で構造上装置の強度を確保することが容易なためタイヤのグリップ力を安定に保つことが出来ます。設計の自由度が高いことなどから、F1マシーンなどに採用されています。

Comments are closed.