ショックアブソーバーとは

ショックアブソーバーとはショック(shock=衝撃)をアブソーブ(absorb=吸収)する部品のことであり、俗にショックとも称されます。通常タイヤホイールの奥川に収められている円筒状の部品です。走行中、タイヤが拾ってくる路面の凸凹は、上下動の振動としてボディに伝わりますが、これをサスペンションが和らげます。サスペンションは通常はコイルスプリングが用いられているのですが、振動を得たスプリングは、いつまでも伸び縮みをしようとします。


ショックは、このスプリングの伸縮を抑え込むための装置です。通常はオイルを封入したオイルダンパーが用いられ、その硬さや長さを調整することができるショックも販売されています。柔らかいショックはスプリングの伸縮を抑え込む力が弱いためにいつまでもふわふわとした乗り心地が続きます。柔らかすぎる場合には乗り物酔いのような状態に陥るときがあります。またスポーツタイプの車は一般的に批評に硬いショックで足回りを固め、路面からの振動を瞬間的に抑え込むようなセッティングをする場合もあります。このようにショックの硬さによって車の走行性能は大きく異なってくるために、車好きの方は足回りのチューニングに非常にこだわるのです。

Comments are closed.