ネジ式とは

自動車のドレスアップの一つとして用いる方や、走行上での空力などを考慮することを行う場面でも、自動車の車高を変えることを行う場面があります。古い時代から行われていた方法では、ノーマルのサスペンションをカットしてしまう方法も用意されていましたが、その後は各メーカーによって、ダウンサスペンションなども販売されており、現在でも活用されています。


車高調整を行う方法で現在では非常に効果的に利用できるものとして、いわゆる車高調と呼ばれているものがあります。このアイテムの場合では、自由に車高を変更することのできるメリットがあり、路面状況などに応じて自在に操ることができます。車高調には大きく分けると2つのタイプが存在しているもので、その中でもネジ式と呼ばれているものが用意されています。このタイプの特徴としては、スプリングの下部に設定されているナットを操作することによって、車高を変更できるシステムになります。例えば車高を低くする場合では、スプリングの部分には遊びが発生することになり、あまりにローダウンさせ過ぎた場合では、スプリングの作用を十分に発揮することができない状態に陥るために注意が必要とされています。また、左右のバランスをしっかりと確保することも大切になります。

Comments are closed.