Cリング式とは

自動車には、路面からの振動や衝撃を和らげるための装置として、サスペンションと呼ばれるものが装備されています。このサスペンションは、路面からの振動や衝撃を吸収するスプリングと、そのスプリング自体の振動を吸収するショックアブソーバーと言う構成品に分けることができます。サスペンションはタイヤと車体とをつないでいる装置ですから、この長さを調整すれば、自動車の車高を変えることができます。つまり、スプリングか、或いはショックアブソーバーのどちらか一方、または両方ともの長さを調整できれば、車高を変えることができるのです。自動車に作用する空気力を調整できて、燃費が良くなったり、ハンドリング特性が良くなったりすることがあります。
ショックアブソーバーの長さを変えて車高を調整


するには、車高調整式ショックアブソーバーと言うものがあります。その方式としては、幾つかありますが、その中でも主な方法として、Cリング式と呼ばれる方式があります。この方式では、ショックアブソーバーのケースの部分に何本かの溝があって、そこにCリングと呼ばれる部品をはめ込むことによって車高を調整する方式です。この方式は、構造が単純なために故障しにくく、また価格も安いと言う特徴を有しています。しかし、その一方で、溝の位置でしか車高の調整ができないので、車高の微調整をすることができないと言うデメリットもあります。

Comments are closed.