コイルスプリングとは

みなさんはタイヤ交換をご自分でされたことがあるでしょうか。ご自分でされたことがある方は、タイヤホイールを外した時に、その奥に筒状の棒が上から下にとおっていたのをご覧になったと思います。そしてその棒状の部分にばねが巻き付いていたのをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。そのばねがコイルスプリングです。車のタイヤが走行中に路面から振動を受けますが、その振動は直接伝わってくるわけではなく、サスペンションで和らげられます。衝撃を和らげる直接的な部品がこのスプリングになるのです。


このスプリングの硬さがその車の基本的な乗り心地を決定すると考えてもいいでしょう。またスプリングには路面からの衝撃を和らげるという役割がある一方、タイヤを地面に押し付けるという役割も果たしています。柔らかいスプリングでは車の出力に負けてしまって、うまく駆動力を発揮することができません。ですから、大排気量でスポーツ性を前面に出したようなモデルでは、一般的にこのスプリングが非常に硬いものになっていきます。また、車をあとからチューンアップする方のために、スプリングだけが別売りされている場合もあります。どのようなばねの硬さがいいのかはどのような走り方をするのかにも関わってきますから、専門的な知識を持ったショップでよく相談されてから交換されるとよいでしょう。

Comments are closed.