エアーサスペンションとは

サスペンションはタイヤから伝わる地面の振動を受け止めて低減することによってボディやドライバーあるいは乗客や荷物に直接路面からの衝撃が伝わることを避ける装置です。通常はスプリングを用いて路面からの衝撃を和らげていますが、スプリングの場合にはその柔らかさによって路面状況や積み荷などとの相性があります。このスプリングの代わりに空気を封入したクッションを用いたのがエアーサスペンション(略してエアサス)です。よく高速道路などを走っていると、「精密機械輸送中」という表示をした大型トラックを目にすることがあると思います。


こうしたトラックで用いられているのがエアサスです。振動に弱いとされる精密機械を運ぶトラックに用いられるほど、振動吸収性に優れているため、一部の高級車にも用いられています。乗り心地を追求しようとする場合にはエアサスは非常に魅力的なサスペンションだということができるでしょう。一方、難点としては必要とする減衰力を確保するためにはクッションが大型化してしまうため、その取付スペースに制限が出てきてしまう点です。また、耐久性という観点に照らして言えば、スプリングの方が圧倒的に耐久性に優れているために、レース用の車両などにおいてエアサスが用いられることはまずありません。

Comments are closed.